Be with you☆∴

気まぐれブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |




2日目のプレイでクリア出来ました。(本当は1日ぶっ通したかったけどバイトで無理だった。笑)
初プレイの感想、ズバリはゼルダとリンク、二人の絆は怖いほど強い!

前半はゼルダさん出てきてくれなくて(シークさんはいたけれど)
うーん、って感じだったけれど、後半、「私がゼルダだからです」からのゼルダに、
美女すぎてやっと、きたーって感じでした。
分岐終わったくらいから一緒に戦い始めるようになって楽しくなってきました。

そう、ガノンドロフでのプレイで、VSゼルダ・リンクだったときは脅えましたね。
本当、この二人の絆が強さという形で思い知らされました。怖かった。笑

ラストの章ではガノンドロフを余裕でやっつけるゼルダ。
そして、おなじみラストのガノン、光の弓でイケイケにやっつけるゼルダには
ゼルダ無双の言葉そのものでした。本当誰より格好良かった。笑
なんだかんだ、ゼルダの周りにいるストーカーのようなリンクには笑わせていただき、
きゅんきゅんもさせていただきました。
なんだろう、あまり働いてくれなくてもその場にいてくれるリンクの存在にほっとしました。
そしてこれは、リンクプレイでボス倒しに行くといつの間にかいてくれたゼルダにも然りでした。

エンディングのマスターソードをリンクだけでなくて、ゼルダも加勢して一緒に元に戻すところは
今回のゼルダ無双での二人をそのまま現しているように感じて、素敵で、微笑ましかったです。
前半でゼルダでプレイできないじゃない!って、プレイやめなくてよかったです。笑
スポンサーサイト
2014.08.16 07:13 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
なんだか今日は最初から元気なかった大野くん。
台本であったんですね、最早嵐内で定番なネタ。

確かに見てて淡白すぎで私はあんまり傷つかない程度のものだったし(かといって面白くもなかったけど)
櫻井くんいつも大野くんに向けるでれでれ顔面崩壊じゃないしだったけど、
正直唇同士は触れてなかったんだけどさ。
でもさ、大野くんちょっとは傷ついてよー
櫻井くん、大野くんに少しは嫉妬してほしいって思ってるよーと思ったら

ぽけーっとしながら喉とか頬を触ってた大野くん。
笑顔もいつものじゃないし、本当可愛いですね。あなたは。

頬に触れるのは、深層心理的に
信頼を寄せる人物に触れて慰めてほしいってことなんですけどね。

そんなにショックでしたか。慰めてほしいって。
はー可愛いねー(by.櫻井くん)

ほら、町田くんでも想い出したのね大野くん。
彼ならあなただけ甘やかしてくれますよ。
大野くんの防衛機制には町田ってのがありそうな今日この頃。

嵐のメンバーがそこにいるのに
町田くんの元へ帰っていったあの事実はやばいですよね。


ていうか、大野くんのご機嫌斜めで嵐チーム全然だめでしたね。
先輩にしんどいの?って聞かれた大野くん。
櫻井くんと隣同士になっても徐々に離れていく大野くん。
いや、それ、さすがに露骨に離れていきすぎでしょう。さすがにさ。笑
櫻井くん気付いたのか徐々に近寄りますねー、いやあなたが悪いんですよ?例え台本通りでも。
櫻井くん出番で大野くん普通の位置に戻って隣の人とも普段の普通の距離なところを
櫻井くんが見つけてえってなってる感じ、
大野くんがまだ喋りだしてもないのに口が若干動いただけで?喋る前の息吸っただけで?
大野くんに身を乗り出しすぎに乗り出して、どうした?どうした?って感じに聞きに行く櫻井くん。
画面から消えてますからあなた!笑 これには爆笑した。あー本当すきなのね大野くんが。
でもあなたが悪いんですよ。大野くんを傷つけたから。
いくら私から見て淡白すぎなものだとしても大野くん傷ついてんだから怒るよ。
振られたからって、台本通りだってさ、最初ちゃんと拒否ってたけどさ、
町田くんなら絶対しない。

あーもう、どうして町田くんがそこで出てくるのか。
今山の話してたのにさ。

どんな話題にしても最後大町コンビに戻る脳内に完敗です。


最後に。
大野くんにぴったりな曲。

「客席に見せない仮面の下の
あなたが隠した素顔を見せて

怪我したとき痛いって
つらいときは喚いて
恥ずかしいことじゃないんだから

大丈夫大丈夫 上手く笑えなくていいんだよ
もう2度と嘘をつけないように
大丈夫大丈夫 堪えたりしなくていいんだよ
私も一緒に泣いてあげる」by.ピエロ

コンサート中、膝の爆弾が起爆して痛くても
メンバーみたく伝えて庇ってもらわないで、ひとりで我慢して
今回みたいに想いを寄せてる人の嫌な場面を目にしてしまっても
無理して精一杯の苦笑い作って。

もっと昔みたいに、MAの頃のように、
町田くんと一緒の時みたいに甘えていいんですよ。大野くんは。
元々甘えられる側じゃなくて甘える方なんですから。

もう堪えないでほしい。
町田くんは一緒に泣いてくれる。
もう自分を傷つける嘘、つかないでほしいです。
2013.04.04 20:00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
メンバーは忙しいけれど、大野くんの周りは静かな今、
絵画とかフィギュアの方をやってるみたいだから個展への準備かな、と思いつつ
胸騒ぎもしてたまらない。

大野くんの故郷。
MAという形が無くなってしまった今。
MAの町田くんは町田慎吾になり、帰る場所はなくなってしまうような寂しさを覚える。
やっぱりグループって大切だと思う。

MAが米花くんの脱退から消えてしまうことになって、
ダンスグループとしてやっぱり二人では厳しかったのかな。
きっと話し合って失くすことになったのだろう。

まだ大野くんがバタバタしていたあの頃。
考えたりはしなかった。

静かな今。
どうしても頭を過ぎってしまうのは、MAへの帰還。
町田くんのためとか、あるかと聞かれたらあるのかもしれないけれど、
大野くんにとって、やっぱりMAという形がなくなってしまうことは寂しいものだと思うから。
嵐でデビューしてからも何度も何度も、話題に出したり、職権乱用したりするくらいだったから。
元MAってちゃんと言ってくれてたから。

突然ふらっと戻りそうで、
またMA復活なんてなったらきっと、それはきっと
嬉しいことで。

でも嵐から離れることも意味しているから。

だから、
少しだけ怖い。

ないとは思うけれど、あるかもしれないから。

故郷が消える、消えてしまった。
戻せるかもしれない。
自分次第で。

大野くんはもしそこに気付いてしまったら、
どうするのか。

だって嵐のCDデビュー日よりも、大町コンビの入所日が大切だって言ってた大野くんだから。

妙な胸騒ぎがする。

町田くんの誕生日、もう当然?
一番に連絡した大野くんは今でもずっと彼を想ってる。

もうね、海に落ちてデータ消えても
なかなか会うことのない大町コンビの絆は切れないんだよね。
これから先、何があっても絶対切れないんだよね。

冗談で、ゲストは町田慎吾でーすって声色甘すぎだよーな感じに言っちゃうイタズラな大野くんとかさ。
で、一人でふにゃふにゃ笑顔になってる大野くんとかさ。
(町田くんが)シンメで一番しっくり来るのは大野だってって先輩に言われて「そう!」って俺もって感じに返す大野くんとかさ。
町田くんの隣に座ると眠気が覚める大野くんとかさ。

最近では誕生日には町田くんにサプライズしてもらって大喜びな大野くんとかさ。
町田くんの船酔いを気遣って誘えなかった大野くんと、体調管理ばっちりにして挑む町田くんとかさ。
で、町田くんのがおっきいの釣れて、大野くん焦って焦って、ちっこいの釣っちゃって笑顔笑顔なとことかさ。
結局次の釣りデートの約束取り付けちゃうとことかさ。

想い出話は端折って端折ってここで終わらせとくけれど、
本当、なんか怖い。
いいんだけどね、いいんだけどさ。
MA好きだし、今嵐と、MA+大野くんの番組あるってなったら間違いなく後者を見るわけだし。

でも、大野くんを見てきた中で、
やっぱり嵐も好きなんですよ。
えーってこともあるけれど、やっぱり大町コンビって思っちゃうこともあるけれど、
だけど嵐も好きなんですよね。
2013.04.04 18:53 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
感想。

すごい急展開。

の前に、今回は坂口の話が来ましたね。
「一発屋じゃないよ!」が切なすぎた。

さて、千尋の恋物語的には
曲を聞きながら見るとまた
切ない。

――溢れる想い 愛は君を照らすヒカリになれる
切ないほどに
例え描く未来 そこに私がいないとしても
今はそっと抱きしめてあげる――

ラストの展開前の、
豪華な店に千尋を見かけてまさか男か?と思う日向とか、
(見合いとか言ってたし)
なんだかんだ付き合ってあげる日向とか、
階段から落ちそうになる千尋を抱きとめるって言うんですか?
あの感じは特にやばかった。

何と言っても、
小栗さんとさとみちゃんの身長差が良すぎるのが問題です。


あと、私的に、
ラストまであのまま澤木千尋で引っ張ると思ってました。

最終回間際バレて、千尋はいなくなる。
そしてしばらくして日向は母親に出逢う。
それは千尋に頼まれた上でのことだった。
それに気付いた日向は千尋との今までを走馬灯のように思い出して
千尋に逢いに、東大に行くが見つからない。
(なんかの誤解で、既にいなくなったことになっている感じに勘違いしてもいいかも)

焦った日向はハッと思い出す。
母親探しに行ったあの日、出逢った彼女を。

で、千尋の地元へ会いに行って――みたいな。

ドロドロな展開だと、会いに行ってやっと出逢えたのに
千尋が日向に気付かないっていうか忘れてるとかもある?
日向と母親を会わせることが出来なかった後悔から
彼を忘れてはいけない、いつか出逢うためにと
記憶力が著しく上がっていたけれど、それが叶ったから
今までの反動で忘れてしまっていて――とか、

韓流だと、やっと見つけたってとこで
千尋が日向の目の前でバイクに跳ねられての
山あった上でのハッピーエンドとか。
べッタベタだけどそういう今はない展開も久しぶりに欲しかったかも。

まあでも想定外の展開で、しかも予告でまた、
日向さん、千尋のこと忘れてるとか
そしてあの捨てられた子犬のような千尋の瞳が
あー、可愛い……っ!
ぐっと惹きつけられました、いろんな意味で。
早く来週来ないかな。
2012.07.23 22:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |

はるかと遙香。

学校に乗り込んでくる日向にドキドキ。
王道だけれど、女の子の夢の展開ですよね。
「うるうるするなっ!」には萌えました。
千尋が本当にチワワみたいにうるうるしてるから可愛かった。
「とにかく、明日来い!」
ネーム投げ渡されてのそれは嬉しくなっちゃいますよ。

コーヒーのシーンもよかった。
何を話すでもなく、コーヒーをただ置いていなくなる千尋。
なんだかんだ熱くても飲む日向。
熱いコーヒーがお腹に沁みて、日向の心に
シンデレラのガラスの靴を忘れられたみたいな感じ。

というか、予告がドキドキ。
「やっぱかっけーなー……っ!」
スマートな日向に一言の千尋。
そんなもんですよ、本当に。
向こうは何の気なしだとしても、こっちは好きだからドキドキしちゃうもんです。

いよいよ三角関係?
知らない顔してたって内心傷つきまくりですよ、片想いなんて。
2012.07.18 03:35 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。