Be with you☆∴

気まぐれブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
白組おめでとう!
大野くん旗持ててよかったね!

年越しは会えなかったけど
大町コンビでまた釣りでも
ご飯でも楽しんで、お幸せに。
スポンサーサイト
2013.01.01 00:19 | モブログ | トラックバック(0) | コメント(-) |
白組頑張れ!
嵐頑張れ!
大野くん頑張れ!

ファンモンお疲れ様でした!
2012.12.31 21:01 | モブログ | トラックバック(0) | コメント(-) |
感想。

そこは素直に好きって言って欲しかったな、真琴さん。

一緒に旅行?仕事だけれど出かけて
傍で支えて見つめ合って、
帰りは肩枕だったりとドキドキした真琴。

でも全部、自分ばっかり
はしゃいでただけ?

日向と耀子が二人でいるところ
帰りに耀子を送る日向を見て傷つく真琴が
切なかった。

「なんか私
ばかみたい」

来週の予告なんかまたキス?とか
しかも日向からですか、とか。

そして、送ってって絶対
真琴に見せ付けたいからでしょう。
耀子がだんだん黒く……。
朝比奈の妹だから仕方ないのか。
2012.08.06 22:22 | モブログ | トラックバック(0) | コメント(-) |
鍵のかかった部屋が終わってしまい寂しい月曜日、
新たな楽しみ発見?

取り合えず鍵部屋のおかげで
昔のようにドラマが楽しみで1週間頑張れるモードになりました。

王道かもしれないけれど
予告CMから何気に楽しみだったドラマ。
リッチマン、プアウーマン。

ビクビクしただけの主人公は苦手だけれど、
喋り方はそうでも、はっきり物言いも出来る千尋(はるか?)には好感を覚えたので、
今のところ良い感じに楽しめています。

さて、今回。
第1話なだけあって、番宣の小栗旬さんの言う通りプロローグ的なところまでです。

役的には耀子は当て馬なのでしょうかね。
徹に以前から片想いしているらしく、一番切ない感じになるのでは、と。
いつもこのような感じの作品を観ると思うのですが、
当て馬キャラを主点においてのラブストーリーは、
なかなか切なくてわたし好みになる気がする。
重すぎて流れが上手くないと途中リタイアになる恐れありだけれど。
本ドラマでは結果略奪は無理そうだから、
もし耀子が純粋に片想いして傷ついてしまうような性格の子なのならば、
支えてくれるような誰か素敵な人と結ばれて
本筋主人公カップルよりも、もっと幸せになってほしい。

かなり脇道に逸れましたが本題。
偽名ですよ。偽名。
わたしは一気に「えっ?」てなりましたが、考えようによってはいいかも。
ところで、それを頭に入れて何処かに本名ないか、リピートしてみたら
1箇所見つけました。
8ヶ月前のシーンで友人が「はるか、はるかっ」って千尋を呼んでいるんです。
それから、発見したのが
公式サイトでは呼んでいたその友人の名前こそが遙香で、
もしかしたら入れ替わりで友人が千尋?まさかね。

ただ、謎は多くて難しい。
韓流王道の実は兄妹説以外で考えたい。

千尋の「どうせ忘れる」って言葉が意味深ですよね。
わたしが思うに過去会ったことがある、だから徹を千尋は知っていた。
その時、何かでたまたま親しくなったはずだったが次会った時にはやはり忘れられてショックを受ける中、徹本人かどこかからか、、まあ、徹が何度も検索してたシーンからみると、その時も癖のように澤木千尋を検索していて、
千尋は偶然その手元が見えて、彼女 の名前を覚えてしまう。
本編の「また余計な名前覚えちゃった」って憂鬱そうなシーンはこの伏線。

知りたくなかったのに覚えてしまう、忘れられない辛さ。

そんな中時を越えて徹の姿を雑誌で見て、彼と働けたら、と思ってしまう。
何故ならば千尋は出会いで恋をしてしまっていたから。
だから、彼と長い時間を共有出来れば覚えてもらえるかもって。

しかし、いざ説明会に行けば、
散々なことを言われてしまう。
「理学部さん」とかいう名で呼ばれて
悔しくて出てしまったのが「澤木千尋」という例の偽名。
エントリーシートは既に澤木千尋だっていうのは、
まだ就活してないからよくわからないけれど
1つは、エントリーシートを説明会後に外で受付のような人に預ける場合。
千尋は本当は2枚名前違いで書いてきていて、ぎりぎりまでどちらにするか迷っていた。
本名でいくか、偽名でもいいから覚えて欲しかった、記憶の中に入れて欲しかったかで。
説明会であんなことがあって、もう最期だからと哀しい嘘を吐いた。

2つは、一番最初とか、説明会前に担当の人に渡す場合。
なんだかんだあったから説明会後に、そっと入れ替えたか、
書き間違えたところがあるとかで返してもらって、そこで入れ替えた。

本当は千尋は最後の最後まで、本名でいきたかったのだとわたしは思う。
何故ならば本編で「私の名前は理学部さんではありません」の後、
千尋は組んでいた爪を手の甲に強く食い込ませるくらいにして、それでも少し間があった後に
「私の名前は澤木千尋です」と偽名を口にしたから。

ちなみに、千尋は悪い子ではないと思う。
兄からのおこづかいで涙していたから。

見方を変えれば、
覚えたくても覚えられない、記憶喪失者と、
忘れたくても忘れられない、記憶保持者の物語。
まあ徹は名前だけ記憶喪失者だけれど、設定がわたし好みかも。

まあ、電話帳以上の暗記をしたくらいだ、
もう大分千尋の脳はパンパンなのではないか。
それが今回のように徹の秘書的立場になったらもっとたくさん
覚えなければいけなくなって、いつかパンッと破裂して
今度は千尋が記憶喪失になる、、みたいな展開は本編ではないだろうけれど
書いたら面白そうかも。
2012.07.10 04:09 | モブログ | トラックバック(0) | コメント(-) |
同時に、大野くんと町田くんが出逢って17周年。
最高に素敵な日です。

本当に、17年前の今日という日があって良かった、
大野くんと町田くんが共に同じ時代に生まれてくれて良かったです。

神様、大野くん・町田くんのご両親、
大野くん・町田くんに心から感謝です。

これからも18年、19年とずっと健康に迎えられますように。


P.S.本日は大野くんが町田くんからの電話待ちDayですね。
前みたいに、我慢できなくなって大野くんから掛けてたりしたら素敵ですね。笑
これからも二人、お幸せに。
2011.10.16 14:01 | モブログ | トラックバック(0) | コメント(-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。